So-net無料ブログ作成

ハーレーのトラブルは?対処法は?(その①) [その他]


7月12日(水)曇り



先日のハーレーの車載工具と車載部品の投稿で「出先でのトラブルは一度もありません」と豪語していましたが、この表現は間違っていました。


ショベルFLHに乗って出先でのトラブルは数回経験していますが、レッカーの世話になったり、道端で車載工具を広げたことはありません。が正しいです。



「トラブル発生でレッカーや工具を使わないって何言ってのコイツ」




って声が聞こえました。


運が良かったってことです。


バイクトラブルにも色々種類があり、不具合を抱えたまま自走し自宅まで生還できる場合もあれば、一目見てレッカーを呼ぶことになる場合もあるし。


私が経験したショベルFLHのトラブルとその対処法は・・・


トラブル① パンク


パンクはショベルに限ったトラブルではありませんが、ハーレー特有の対処法?で生還しました。


ショベルでツーリングの帰りに自宅まで後6~7km程の距離でパンクしました。


道端に寄せてみると釘を踏んでいて、一発でペッタンコです。


後ろがグニュグニュするので直ぐに分かります。


「キャストホイールやのになんでチューブやねん」


でもハーレー社は何も考えていない訳ではありません。


私はずっとハーレー純正D401を履いています。


サイドウォールにハーレーロゴの入った純正タイヤD401なら、パンク=即走行不能にはならない場合があります。


このタイヤを交換したことがある人は、分かると思いますがD401のサイドウォールはとにかく固いです。


タイヤが重くて頑丈です。 チェンジャーが悲鳴をあげそうになります。


どういう事かと言うと、通常タイヤは空気が抜けてペッタンコの状態で走ると、即走行不能になるのが一般的です。


これは空気が抜けることによってタイヤのサイドウォールがつぶれ、この状態で走ると「ミミが落ちる」「ビードが落ちる」と呼ばれる状態になります。下の下手な絵の右の状態です。



無題.png092.png



右の状態になるとホイールの中でタイヤがバタバタ遊び、絶対に走行不能です。


ところがハーレー純正D401は空気が抜けても、固く強靭なサイドウォールのお陰で「ある程度の距離なら」上の絵の左の状態を保ち走行可能な場合があります。


この「ある程度の距離」は、私の場合は6~7kmの距離を時速20~30kmくらいで走行し無事に自宅ガレージにたどり着きました。


その後自宅ガレージで、自転車のパッチを張って修理して6年くらいになります。


もう20年近く前にダンロップの営業に「D401ってパンクしてもミミ落ちひんらしいで」といった話を聞いた時は内心「あり得へん」と思っていたのですが、今はあの営業の言ったことを信じています。


「純正タイヤD401でパンクを乗り切る」ハーレー特有のパンク対処法と言っても良いのでは。


ただ物事に絶対は無いのでパンク修理キットを常に積んでいます。






トラブル② レギュレターのパンク


これもショベルに限ったトラブルではありません。


昨年、大阪府から鳥取県までショベルに乗って日帰りでツーリングに行ったときの事です。


帰り道で吹田ICで高速を降りた所で渋滞していたのエンジンを切りました。渋滞につかまった時はいつも「アイドリングストップ」をしています。


車が動き出したのでイグニッションを、オンにしてセルを押しても「ギュ~ッ・・・」でセルが回りません。


慌てず脇に寄せて考えます。


セルが音を立てるので先ず「断線」はありません。


高速道路を往復500kmくらい走行してからの事なので「交流発電していない」か「交流を整流せず直流がでない」か「バッテリーの不具合」のどれかの可能性が高いです。




無題.png094.png




しかしこの時点では原因は問題ではありません。問題はバッテリーに残っている電圧でどこまでもつか?です。


幸いキックを付けているのでエンジンの始動はかないましたが、バッテリーに(恐らく)充電されない状態では、いずれ12Vを下回り点火しなくなります。


自宅までの距離と時間はあと約35kmで、渋滞考慮時間は1時間30分くらいでしょうか。


その時の私の判断は「ライトを点灯せずに行ける所まで行く。アカンかったらその辺のガソリンスタンドで適当な12Vバッテリーを買って繋いで帰る」でした。


充電系に不具合が発生しても12Vを維持確保できている間は走行が可能です。


幸い吹田ICから自宅まではいくらでもガソリンスタンドや、ホームセンターがあったのでそういう判断をしました。


結果、エンジンが止まる事なく無事自宅にたどり着きました。帰って直ぐにテスターで電圧を測ると11,9Vでした。


走行直後でこの数字は明らかにおかしいです。充電系とバッテリーが健全なら走行直後の電圧は13V前後になると思います。


そして故障の原因は後日、レギュレターの不具合ということが判明しました。







この充電系トラブルで工具不要、レッカー不要で生還できた大きな要因は二つあります。


先ずは(キックでの始動が可能だったこと)


もう一つは(残りの電圧で帰れる距離だったこと)


キックが無ければ、その場で別のバッテリーと繋ぐ等の対応が必要となり、車載工具の出番となるでしょう。押しがけの選択肢も残っていますが・・・


また自宅までの距離が更に長ければ、バッテリーは空となり途中で止まり、別のバッテリーと繋ぐことになったでしょう。






充電系トラブルの対処法は?


電圧計を付けるのが一番だと思います。


レギュレターは充電不足又は、充電過多のどちらかの壊れ方をします。


充電不足はバッテリー上がり、充電過多はバッテリーが最悪破裂する場合もあります。


そして、この辺りの電気系部品の故障は「前兆」が無く、いきなり壊れることが多いです。


私の場合も、いつ何処から壊れていたのかはサッパリ分かりません。


いきなり壊れますが、充電不足の場合は症状は徐々にでます。バッテリーが充電されずに電気を徐々に消費する一方だからです。


一番分かりやすいのは走行中に「ヘッドライトが段々と暗くなる」「セルが弱い、回らない」です。


と言うか電圧計を付けていなければ、上記以外では気付かないと思います。私は「セルが回らない」で気付きました。


ただここで異変に気付かなければ、いきなりエンジンが止まる場合があります。


夜ならいいですが、昼間の高速道路を長距離移動中は最悪です。エンジンが止まるまで気付かない場合もあるでしょう。


もし充電不足のトラブルに見舞われた場合は、どうやって12Vを維持確保するかの対応を迫られることになります。


昼間であればヘッドライトのカプラーを抜く等の工夫で、延命が可能な場合もあるでしょう。


走っているのに「ライトが暗い、セルが弱い」は注意が必要です。


充電過多の場合は電圧計なしで気付くことは難しいと思います。突然バッテリー破裂という結末を迎えるケースがあります。


恐ろしいのは、これは「ショベルに限ったトラブルではない」ということでしょう。







最後まで長文にお付き合いありがとうございました。


長くなったので他のトラブルは(その②)に続きます。







共通テーマ:バイク